粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第24回製剤と粒子設計シンポジウム
2007年11月8日 更新
第24回製剤と粒子設計シンポジウム日時・場所主催・共催・協賛学会テーマ講演の種類参加費交通案内宿泊案内講演プログラム参加申込PDF

講演の種類
T)一般講演:オリジナル研究、研究中間報告などで上記テーマに沿ったもの。

U)奨励賞対象講演:一般講演に準じますが、オリジナル研究で未発表のものに限定します。(新製剤技術以外に新素材・新機械技術の発表も歓迎します)なお、有資格者は発表時35歳未満の若手です。
T、U共、講演時間は講演13分+討論5分を予定しています。

V)パネルディスカッション(口演、パネル展示による自社製品、技術紹介):以下の3種から選択できます。なお、展示費用は同一です。詳細については、製剤と粒子設計部会事務局e-mail: ryuushi-sekkei2005@cream.plala.or.jpにお問合せ下さい。パネルディスカッションに関するご案内を送らせて頂きます。
@展示及びパネル口演:従来どおり(3分/1パネルを予定)
A新製品・新技術セッション:展示及び一般講演に準じた発表(パネル内容が新製品、新技術に関するものに限る)。
6演題(1演題講演時間約10分)までを予定しており、応募が予定数を上回る場合は、申込用紙の講演概要により採択を決定します。
B展示のみ(口演なし)
戻る