粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第25回製剤と粒子設計シンポジウム講演スライド作成案内
2008年9月22日 更新
演者の方へ発表に関するご案内プレゼンテーション作成についてスライド受付講演時間

プレゼンテーション作成について
特に、以下に該当する方は、注意事項をよくお読み下さい。
・Microsoft Office Power Point2007でプレゼンテーションを作成される方
・Macintoshで作成される方
・作成したプレゼンテーションをCD-Rに保存して持参される方

【ファイル】
演題ファイル名は必ず「演題番号・演者名」として下さい。

【OS】
Windows XPが使用できます。Macintoshで作成したプレゼンテーションをWindows化して持参される方は、当日、早めにスライド受付で、データチェックを受けてください。(一般・奨励賞対象講演の方。パネルディスカッションは事前提出)

【アプリケーション】
PowerPoint2003のみとさせていただきます。PowerPoint2007にて作成されたデータは、事前にPowerPoint2003に変換、保存を行ってください。

【フォント】
文字化けやレイアウトの変化を防ぐために、以下のフォントをできるだけ使用してください。その他のフォントを使用する場合はフォントをファイルに埋め込んでください。
日本語:MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
英語 :Century、Century Gothic、Arial、Time new Roman
会場後部の人にも文字が見えるように配慮して発表データを作成して下さい。

【動画】
動画を使用する場合は以下の条件を必ず守ってください。
・デフォルトのMediaPlayerで再生可能なファイル(ファイルの拡張子:wmv、avi、mpg)を持参してください。
・ファイルの容量は50MB以下になるように編集してください。
・作成したPCとは別のPCで動作確認をしてください。
・動画などのファイルを発表データと一緒のフォルダに入れ、確認した上で提出してください。

【外部記憶媒体による提出】
作成したプレゼンテーションは、CD-RもしくはUSBメモリーに保存し、提出下さい。CD-RWやDVDには対応できませんので、あらかじめご了承下さい。USBメモリーは、WindowsXP標準ドライバーで動作可能なものとして下さい。(CD-ROM等からドライバーのインストールが不要なもの)また、CD-Rに保存して持参される方は、必ず他のPCで読めることを確認してください。
戻る