粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第30回 製剤と粒子設計シンポジウム 参加募集
2013年8月13日 更新
ご案内開催日時・場所テーマ主催・共催・協賛参加費参加費振り込み先申込み方法・締切り問い合わせ先講演プログラム宿泊のご案内交通案内PDF

講演プログラム
第1日目 10月17日(木)
09:00-09:05 開会の辞
09:05-10:35 パネルディスカッション <新製品・新技術セッション>
【器材と素材】
1.難溶性薬物の担体として理想的なバイモーダルシリカ
(メルク)○伊沢光彦
2.新しいOD錠プレミックス添加剤「グランフィラーD」
(ダイセル)○平邑隆弘、以倉聖、石川左枝、橋川尚弘、岡林智仁、坂口阿南
(ニチリン化学工業)森田哲郎、池田君子
3.L-HPCを用いた直打用賦形剤の開発
(信越化学工業)○平間康之、丸山直亮
【装置】
4.Investigation of a new Chill Roll with integrated mill for hot-melt extrusion with soluplus®
(奈良機械製作所)○岡本真二、田邊文明
(LEISTRITZ Extrusionstechnik GmbH)Albrecht Huber
5.連続混練造粒複合機
(ダルトン)○浅井直親
(大阪ライフサイエンスラボ)寺下敬次郎
6.打錠、乾式造粒技術の導入とワンストップソリューションプロバイダーへ
(パウレック)○小林誠、富田陽介、松井航、長谷川浩司
7.最新コンテイメント錠剤機の動向
(菊水製作所)○佐藤隆行、大山潤
8.OD錠、素錠にも対応可能な錠剤印刷装置TABREX
(フロイント産業)○平井由梨子、磯部重実、鵜野澤一臣、武井成通
【計測】
9.iQmobil TEMPRISによる凍結乾燥プロセスの見える化
(イーストコア)○田村悠太郎、東城守夫
10:35-10:40 休憩(5分間)
10:40-12:00 パネルディスカッション <展示およびパネル口演>
【器材と素材】
10.製剤開発に於けるDPIデバイスの関わり
(日立オートモティブシステムズ)○岡田豊子、石関一則、中村茂巳
11.「嚥下補助ゼリーキットおよび新服用システムの開発」
(モリモト医薬)○三上大帆、宇林、孟媛、木村恵理子、野崎雅男、盛本修司
12.生分解性ポリマーのマイクロスフェアおよびインプラント製剤への応用
(エボニックジャパン)○石井達弥、土戸康平、Juan Tome
13.医薬グレードPVAの紹介
(日本酢ビ・ポバール)○河西將利、川田章太郎
14.新しい苦味マスキング剤 KLEPTOSE® Linecaps
(ロケットジャパン)○板谷俊彦、竹山武志
15.新規結合剤超微粒子ヒドロキシプロピルセルロース(HPC−SSLーSFP)
の乾式造粒法への適用
(日本曹達)○津江晋一郎、霜鳥武、竹内洋文
16.直打用乳糖新グレード ダイラクトーズⓇF(ファイン)
(フロイント産業)○古川研二、白土利枝、山中邦昭、武井成通
17.「マンニットQ」の口腔内崩壊錠への適用
(三菱商事フードテック)○ 瀬川めぐみ、先本正規、小関宏明
18.ソルプラスとホットメルトエクストルージョン
(BASFジャパン)○岸潤一郎、大林史明、梶浦智義
19.「セオラス」UFグレードの応用例
(旭化成ケミカルズ)○垣澤眞幸、児玉英世、本田洋介
20.疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース(サンジェロース)に関する最近の応用例
(大同化成工業)○浦松俊治、稲本靖也、島本敏夫、植村俊信
21.アンモニア中和法を用いたHPMCASによる微粒子コーティング
(信越化学工業)○横澤拓也、丸山直亮
【計測】
22.マルバーンの提案する最新の粒子画像イメージングの応用事例
(スペクトリス)○笹倉大督
23.iGC-SEA(インバースガスクロマトグラフィー)を用いた粉体表面物性の評価
(イーストコア)○田村悠太郎、東城守夫
24.アモルファス含有薬剤の水蒸気収着による結晶化のDVS測定
(イーストコア)○田村悠太郎、東城守夫
【装置】
25.小規模研究開発用卓上ラボ機ピコライン
(ホソカワミクロン)○黒川雅志
26.APIの溶解性を高めるためのビーズミルを用いたナノ粉砕技術
(アシザワ・ファインテック)○小貫次郎
27.超音波ノズル・スプレードライヤによる粉体の流動性の確認
(日本ビュッヒ)○岩元寛司
28.医薬品向け少量実験用スプレードライを開発中
(大川原化工機)〇河合研一、天野善幸、大川原知尚
29.新規な高速混練造粒機トリプルマスターの開発
  (品川工業所)〇山本英之、大石裕喜
30.造粒コーティング装置「FLOW COATER multi Labo」
  (フロイント産業)○武内優貴、磯部重実、武井成通
31.圧縮成形性測定装置タブフレックスの応用
  (岡田精工)○湯川十三、千葉渉、姉帯勝
32.Hot Melt Extrusion向け超小型2軸エクストルーダー
  (奈良機械製作所)○永禮三四郎
33.液相レーザーアブレーションの製剤・医療への応用
(奈良機械製作所)○永禮三四郎
34.新規な洗浄スプレーを用いた洗浄装置
  (ダルトン)○浅井直親
35.味認識装置での医薬品評価簡便化の検討
  (インテリジェントセンサーテクノロジー)○羽原正秋、阿部憲太郎
(医療健康資源開発)小嶋純
(樋口商会)古野裕之
パネルディスカッション <展示のみ>
36.直打用乳糖造粒無水乳糖Super Tab® z4AN
  (DFE pharma)高橋公稔、田中喜泰
37.結晶セルロース(COMPRECEL)、クロスカルメロースナトリウム(DISOLCEL)紹介
(伏見製薬所)安部努
38.打錠障害回避のための表面処理杵と金属表面処理技術
  (ツー・ナイン・ジャパン)河村浩之、竹内淑子、伊藤圭一
39.FT-NIRによる製薬工業への応用
  (レオ・ラボ)杉山隆
40.メディアレス湿式微粒化装置 G-smasher によるナノ粒子の無発塵・無発熱分散
(リックス)加藤隆司
41.医薬・機能性素材チューインガム製剤の可能性を広げる配合粉末ガムベース
『ヘルス・イン・ガム』
(CBC株式会社)鈴木克行
12:00-13:20 昼食・パネル討論
13:20-13:50 特別企画:招待講演
薬を考える:「切れ味のい薬」と「ほどほどに効く薬} (新潟薬科大)寺田弘
14:00-16:30 一般講演 <新製剤技術>
15:10-15:25 1.MDD – Enabling Bioavailability for Biologicals and BCS III & IV Drugs
(エボニックジャパン)○Juan Tome、土戸康平、石井達弥
2.難溶解性薬物アシクロビルの原薬形態改変による溶解性改善と
製剤への応用性に関する研究
(ポーラファルマ、東邦大・薬)○増田孝明
(東邦大・薬)吉橋泰生、寺田勝英
(星薬科大)米持悦生
3.易溶性薬物の乾式コーティング法による徐放性マイクロカプセル化
(松山大・薬)○中村承平、上野ひかる、坂本宜俊、湯淺宏
4.超微粒化スプレーノズルの開発と品質向上を目指した微粒子コーティング技術の検討
(パウレック)○宇藤勇真、加納良幸、松井航、長谷川浩司
5.新規な超臨界凍結造粒法を用いた粉末吸入製剤の設計
(大阪府立大・工)○坂本陽平、仲村英也、綿野哲
6.OD錠用速溶性フィルムの製剤化と遮光性評価
(東レ)○太田琴恵、藤崎由紀、森川唯俊、皆神賢
7.Hydroxypropyl celluloseを用いた2軸混練機による固体分散体の調製と物性評価
(千葉大院・薬、エスエス製薬)○大澤瑞穂、千葉亮
(千葉大院・薬)森部久仁一、東顕二郎、山本恵司
休憩(15分間)
15:25-16:10 一般講演 <粒子設計のための素材製剤プロセス>
8.マルチビタミン剤で発生した打錠障害とその対策について
(塩野義製薬)○杉野唯衣、野網誠、高瀬有里子
9.新規混合機の混合状態及び錠剤の品質管理のための振動分光法とイメージング
(大阪ライフサイエンスラボ)〇寺下敬次郎
(徳寿製作所)吉次寛
(テックアナリシス)久田浩史
10.球形マンニトールの粒子構造・物性を活かした製剤技術
(三菱商事フードテック)○先本正規、瀬川めぐみ、小関宏明
11.撹拌造粒法を用いたPOVACOATの口腔内崩壊錠への検討
(大同化成工業、神戸学院大)○浦松俊治
(大同化成工業、神戸学院大、ファーマポリテック)植村俊信
(大同化成工業)島本敏夫
(ファーマポリテック)森実眞一
(神戸学院大)市川秀喜、福森義信
16:10-16:40 特別企画:部会長講演  (岐阜薬科大)竹内洋文
16:40-17:40 製剤と粒子設計学術賞・シンポジウム奨励賞・技術賞 授賞式
受賞経緯報告  選考委員長 中上博秋(東薬工)
【学術賞講演】 
企業における製剤設計と特許そして人材育成―製剤と粒子設計シンポジウムと共に30年―  (京都薬品工業) 槙野正
【技術賞講演】
コリドンCL-FおよびCL-SFの口腔内崩壊錠開発への貢献
(BASFジャパン) 勝野貴臣
18:20-21:00 懇親会
21:00-   談話会


第2日目 10月18日(金)
08:30-10:20 一般講演 <粒子設計のための素材製剤プロセス>
12.ウコンを用いた錠剤成形に関する研究‐3‐
(沖縄県工業技術センター)○鎌田靖弘、照屋盛実
一般講演 <粒子物性の計測と評価>
13.塩およびCocrystal化した難溶性医薬品の結晶構造解析と原薬物性評価
(東邦大院・薬)○古川秀明、吉橋泰生、寺田勝英
(東京工業大院・理工)豊島良祐、左近彩、植草秀裕
(星薬科大)米持悦生
14.iGC-SEA(インバースガスクロマトグラフィー)によるアモルファスインドメタシンの表面自由エネルギーと処理方法の相関
(Sarface MeasurementSystems)○Magid Naderi
(イーストコア)東城守夫
15.固形製剤中の主薬粒子の統計的画像イメージング法を用いた新規粒子径計測法
(スペクトリス)○笹倉大督、平村行慶、早内愛子
16.音響解析による顆粒剤製造工程モニタリング技術のロバスト性試験及び有用性評価
(武蔵野大・薬)○青木久佳、服部祐介、大塚誠
17.湿式撹拌造粒法の検討におけるトルク値の役割
(ファーマポリテック、大同化成工業、神戸学院大・薬)○植村俊信
(ファーマポリテック)森実眞一
(大同化成工業)浦松俊治
(神戸学院大・薬)福森義信、市川秀喜
18.ドネぺジル塩酸塩口腔内崩壊錠の製品間比較
(昭和大・薬)○倉田なおみ、青柳彩花、斉藤隆介、加藤祐佳、本橋怜子、村山信浩、中村明弘
19.DPIに於ける吸入パターンの影響
(日立オートモティブシステムズ)○中村茂巳、石関一則、岡田豊子
20.がん中性子捕捉療法用Gd含有キトサンナノ粒子製剤(Gd-nanoCP)の開発
: PEG-リン脂質を用いた粒子表面改質と担がん動物における体内動態評価
(神戸学院大・薬)○安藤 徹、Olivier Iob、福森義信、市川秀喜
(兵庫県立がんセンター)藤本卓也
(京都大・工)新戸浩幸、深澤智典
(JT生命誌研究館)、藤井文彦
21.種々の強度のX線照射による医薬品錠剤の品質・製剤物性への影響
(名古屋市立大)○上原一彰、田上辰秋、尾関哲也
(アンリツ産機システム)宮崎格、村田勲一、大久保比呂司
休憩
奨励賞対象講演
1.マイクロウエーブを利用した膨化口腔内崩壊錠の調製と評価
(エーザイ)○佐野秀祐、木村進
(静岡県立大・薬)岩尾康範、野口修治、板井茂
2.素錠へのレーザー印刷技術の確立とシロスタゾールOD錠の開発
(沢井製薬)○神田修子、丸山明、北村雅弘、山原弘、高橋嘉輝
3.新規苦味評価法を活用した口腔内崩壊フィルム製剤の設計
(岐阜薬科大)○臼井理菜、竹内淑子、小野寺理沙子、田原耕平、竹内洋文
4.口腔内崩壊錠設計のための錠剤崩壊挙動に関する研究
(岐阜薬科大)〇冨田知香、竹内淑子、小野寺理沙子、田原耕平、竹内洋文
5.テラヘルツイメージングによる錠剤内密度分布の評価
(星薬科大)○林祥弘、小幡誉子、大貫義則、山幸三
(アドバンテスト)高桑真樹、入澤昭好、今村元規
6.形状の違いによる錠剤内応力分布の変化
(星薬科大)○乙黒沙織、林祥弘、小幡誉子、大貫義則、山幸三
(サイバネット)三浦孝宏
7.顕微分光技術による顆粒構成成分の分散状態の評価
(中外製薬、東邦大・薬)○加納健雄
(東邦大・薬)吉橋泰生、寺田勝英
(星薬科大)米持悦生
8.新規chitosan誘導体コーティング液を用いた薬物の大腸への特異的送達
(静岡県立大院・薬食生命科学)○山田恭平、岩尾康範、野口修治、坂井茂
12:15-13:35 昼食・パネル討論
13:35-15:20 奨励賞対象講演
9.薬物高含有微粒子コーティング用核粒子の製造と評価
(静岡県立大院・薬食生命科学)○見瀬僚平、石田将之、岩尾康範、野口修治、板井茂
10.メカノフージョン処理による医薬品粒子表面改質と製剤物性の改善
(東邦大院・薬)○夏靖宇、秋庭知明、吉橋泰生、寺田勝英
(星薬科大)米持悦生
11.置換比率の異なる各種HPAC−ASによる結晶化抑制作用の比較
(千葉大院・薬)○植田圭祐、東顕二郎、森部久仁一、山本恵司
12.過飽和溶液中におけるHPMC及びPVPによる
フェニトイン誘導体結晶化抑制メカニズムの解明
(千葉大院・薬)○大塚直哉、植田圭祐、東顕二郎、森部久仁一、山本恵司
(武蔵野大・薬)清水梢、片川和明、熊本卓哉
13.架橋型ポリビニルピロリドンを用いた乾式(加熱)法による固体分散体調整
―水付加による生成温度低下の要因解析―
(昭和薬科大)○上之ゆき乃、藤井まき子、小野真梨子、小泉直也、渡辺善照
14. 後眼部への薬物送達を目的とした微粒子点眼製剤の設計と評価
(岐阜薬科大)○唐澤圭一、小野寺理沙子、田原耕平、竹内洋文
15.サブミクロン・ミクロンサイズの添加剤微粒子を含むキャリア結合型吸入粉末剤
の吸入特性解析
(名城大・薬)○川瀬佑紀、吉村昌紘、奥田知将、岡本浩一
16.G-smasherを用いた液滴衝突法によるナノ粒子設計
(塩野義製薬)〇林健太朗、豊田智淳
(リックス)星野高明、森光孝典、加藤隆司
15:20-15:35 休憩
15:35-16:25 特別講演  (沢井製薬)高橋 嘉輝
16:25‐16:30 閉会の辞
戻る