粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第2回標準処方研究フォーラム参加募集のご案内
2009年8月26日 更新
ご案内開催日時・場所主催・共催参加費・振込先参加申込締切講演プログラム問い合わせ先参加申込書

講演プログラム
10:00-10:05 開会挨拶  竹内洋文(岐阜薬大)

10:05-11:05 一般講演 (フォーラムセッション1)
1.「湿式媒体粉砕による医薬品ナノ結晶の創製と粉末化の検討」
(名城大・薬)○三浦 理、丹羽敏幸、檀上和美
2.「HPMCの液中分散状態に及ぼすジェットミル粉砕の影響とそのメカニズム」
(東邦大・薬)○山根弓佳、吉橋泰生、米持悦生、寺田勝英
3.「EUDRAGITを用いた固体分散体の薬物可溶化メカニズムの検討」
(東邦大・薬)○多久和崇史、吉橋泰生、米持悦生、寺田勝英
(エボニックデグサジャパン)石井達弥、森田貴之
4.「微粒子乾式コーティング法によるマイクロカプセル化〜コアでんぷん粒子への薬物貯蔵層の構築〜」
(松山大)○中村承平、坂本宜俊、湯淺 宏
(東京インキ)樺澤一弘
(キッセイ薬品工業)永沼 剛

11:05-11:55 特別講演  
「実験計画法による実験点の抽出と解析」
(星薬科大学)高山 幸三

11:55-13:05 昼食

13:05-15:30 標準処方研究会報告
「デザインスペースを指向したパラメーター解析(2):滑沢度(CQA)へのアプローチ」
1.研究会代表挨拶
(松山大・薬)湯淺 宏
2.研究会立会い実験内容説明 
(三重県)長谷川正樹
3.立会い実験結果の解析結果報告
  1)混合粉体物性とロータリー打錠結果
(信越化学工業)丸山直亮
  2)単発打錠の解析結果         
(岐阜薬大)山本ひとみ
4.混合性、流動性の新しい評価機器紹介
5.滑沢度(CQA)へのアプローチ:実験粉体の混合性、流動性評価
(大阪ライフサイエンスラボ)寺下敬次郎 
(信越化学工業)星野貴文
(大日本住友製薬)下野法人
6.Data Nesiaでの解析結果報告
(キッセイ薬品工業)倉嶋 誉
7. まとめと総合討論
(塩野義製薬)谷野忠嗣

15:30-15:55 コーヒーブレイク・展示

15:55-16:40 一般講演(フォーラムセッション2)
5.「超小型攪拌造粒装置を用いたメフェナム酸湿式錠の製剤化におけるデザインスペースの検討」(塩野義製薬・製剤研究センター)○相川昇平、高田正俊、佐久間聡、林 隆志
6.「表面自由エネルギーと熱浸透率を指標とした白糖デンプンとステアリン酸マグネシウムの混合速度の評価」
(東邦大・薬)○河野勇人、吉橋泰生、米持悦生、寺田勝英
7.「各種混合機を用いた滑沢剤混合と錠剤物性」
(大阪ライフサイエンスラボ)寺下敬次郎

16:40-17:10 解説講演
「ICHQ8Q9を考慮した製剤開発」
(アステラス製薬)則岡 正

17:10-17:15 閉会挨拶  湯浅 宏(松山大学)

17:30-    懇親会
戻る