粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第4回標準処方フォーラム 参加募集のご案内
2011年10月3日 更新
ご案内開催日時・場所主催・共催参加費・振込先申込方法・申込締切振込期限講演プログラム問い合わせ先申込書PDF

講演プログラム
−プログラム−
10:00 〜 10:05 開会挨拶 竹内洋文 (製剤と粒子設計部会部会長、岐阜薬大) 
10:05 〜 10:50 【基礎講座】 座長 加藤保富 大森真治
基礎解説1 攪拌造粒の基礎
(パウレック) 長門琢也
基礎解説2 打錠機の制御システムの基礎
(菊水製作所) 島田洋希
10:50 〜 11:40 【特別講演】 座長 湯淺宏
「口腔内崩壊錠と成形技術」
(京都薬品工業) 槇野正

11:40 〜 12:20 パネルショートプレゼン
12:20 〜 13:20 昼食
13:20 〜 14:05 【研究会報1】座長 長谷川正樹
 ― 立会い実験(「滑沢度」構築のための標準処方による直接打錠実験)について ―
1. 実験概要とポイント解説    
(キッセイ薬品工業) 山田昌樹
2. 実験結果―ロータリー打錠機による成形と錠剤の物性評価        
(信越化学工業)○丸山直亮、西山裕一、星野貴史、平間康之、伊藤有一
14:05 〜 15:05 【研究会報告2】座長 今井啓二、浅井直親
― 解析結果(粉体物性)について ―
1. 流動性指数およびせん断応力の測定による解析
(直打処方と高速撹拌造粒処方における比較)       
(松山大・薬) ○中村承平、坂本宜俊、湯淺宏
2. 加振移送式流動性測定装置を用いた粉末移送性評価による解析
(大日本住友製薬) 村上貴之
3.  近赤外分光法による原料粉体の受入れ試験及び混合状態の評価
(大阪ライフサイエンスラボ)寺下敬次郎
15:05 〜 15:35 パネル展示(製品紹介、ディスカッション)、コーヒーブレイク
15:35 〜 16:35 【研究会報告3】 座長 鵜野澤一臣、伊藤有一
―解析結果 混合プロセスについて―  
1.dataNESIAを用いた解析  
(キッセイ薬品工業) ○武田泰浩、倉嶋 誉、山田昌樹
2.V型混合機のスケール及び粉体装入率に関する考察              
(エーザイ) 松井裕司
3. V型混合機についてのパメータ解析
(直打処方と高速撹拌造粒処方との比較)              
(アステラス製薬) ○則岡正、今井啓二
16:35 〜 17:15 総合討論ならびに総括                (塩野義製薬)谷野忠嗣
17:15 〜 17:20 閉会の挨拶         (標準処方研究企画委員長、松山大・薬)湯淺宏
総合司会より連絡事項
17:30 〜  懇親会(パルシェ:じゅうろくプラザ1階)  
戻る