粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第6回 標準処方フォーラム 参加募集のご案内
2013年9月10日 更新
ご案内開催日時・場所主催・共催参加費振込先申込み方法参加申込み締切り日お問合せ先パネル展示募集プログラムPDF

プログラム
− プログラム −

  総合司会     坂本宜俊  (松山大・薬)

10:00〜10:05  開会の挨拶 竹内洋文 (製剤と粒子設計部会部会長、岐阜薬大 )

10:05〜11:20  【 招待講演 】 
          座長 砂田久一 (前標準処方研究会会長、名城大学名誉教授)
  「薬剤師が知りたい製剤技術と現場での活用」
             医薬情報研究所(株)エス・アイ・シー、取締役、医薬情報部門責任者
                                                             堀 美智子 先生

11:20〜11:30     休憩

11:30〜12:30  【 立会実験報告 I ; 実験概要 】
          座長 長谷川正樹  (前標準処方研究会副会長、三重県健康福祉部メディカルサポーター)
          @ 今回の実験の目的と意義                        ○谷野忠嗣 (塩野義製薬)
          A 造粒実験                       ○長門琢也、細野哲矢、柳沢直樹 (パウレック)
          B 打錠実験ならびに錠剤物性評価
                         ○丸山直亮、西山裕一、星野貴史、平間康之、伊藤有一 (信越化学工業)

12:30〜14:00             昼食 & パネル展示

14:00〜15:20  【 立会実験報告 II ; 造粒物の評価 】
座長 山田昌樹 (キッセイ薬品工業)、山下計成 (アステラス製薬)
          C 実用内部摩擦角を用いた造粒物の評価     ○中村承平、坂本宜俊、湯淺 宏 (松山大・薬)
          D 圧縮試験機を用いた造粒物の評価                       ○浅井直親 (ダルトン)
          E パウダーレオメーターを用いた造粒物の評価
                          ○星野貴史、丸山直亮、西山裕一、平間康之、伊藤有一 (信越化学工業)
          F X線マイクロCTを用いた造粒物の評価               ○村上貴之 (大日本住友製薬)

15:20〜16:05         コーヒーブレーク & パネル展示

16:05〜16:45  【 立会実験報告 III ; プロセス解析 】
座長 石川達也 (武田薬品工業)、松井裕司 (エーザイ)
          G 実践的線形プロセス解析                  ○則岡 正、山下計成 (アステラス製薬)
          H 実践的非線形プロセス解析               ○武田泰浩、山田昌樹 (キッセイ薬品工業)

16:45〜17:05  総合討論ならびに総括 
           座長 谷野忠嗣 (フォーラム企画副委員長、塩野義製薬 )           

17:05〜17:10  閉会の挨拶  湯淺 宏 (フォーラム企画委員長、松山大・薬 )
               総合司会より連絡事項

17:20〜19:00  懇親会   松山大学カルフール1Fにて(講演会場から徒歩5分)
               開会の挨拶  砂田久一 (前標準処方研究会会長、名城大学名誉教授)
戻る