粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第6回 標準処方フォーラム 参加募集のご案内
2013年9月10日 更新
ご案内開催日時・場所主催・共催参加費振込先申込み方法参加申込み締切り日お問合せ先パネル展示募集プログラムPDF

ご案内
本フォーラムでは固形製剤製造における諸問題について実際に立会実験を行い、そのデータに基づいて討論することを目的に、これまでに標準処方研究会として二十数年、標準処方研究フォーラムに改称して5回開催してまいりました。フォーラムになりましてからは、「デザインスペースを指向したパラメーター解析」をメインテーマとし、4回まではCQA(重要品質特性)として『滑沢度』について検討し、昨年第5回からは『造粒度』についての検討を始めました。今年度も引き続き『造粒度』についての検討を行い、造粒プロセスから造粒度の指標を模索するという意欲的なアプローチを行っております。さらに招待講演では 堀 美智子 先生から実際に製剤を扱う薬剤師の先生方がどのように製剤技術を意識していらっしゃるのか、どのような点を期待されているのか等のお話を伺えるものと思います。また、今年度は第3回のフォーラムと同じく「坂の上の雲」の舞台である松山での開催となります。これを機会に「千と千尋の神隠し」で湯屋のモデルとなりました道後温泉にも立ち寄って頂ければと存じます。皆様のお仕事の一助となり、かつ、実のある討論の場となりますよう多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
戻る