粉体工学会/製剤と粒子設計部会
The Society of Powder Technology, Japan/Division of Particulate Design and Preparations
HOME 年間行事 製剤と粒子設計
シンポジウム
標準処方研究
フォーラム
見学講演会 特別行事 ENGLISH
 
戻る
第7回 標準処方研究フォーラム 参加募集のご案内
2014年10月9日 更新
ご案内開催日時・場所主催・共催参加費振込先申込み方法参加申込み締切り日お問合せ先パネル展示募集プログラムPDF

プログラム
−プログラム−
総合司会                            丸山直亮(信越化学工業)
10:00-10:05 開会挨拶 竹内洋文 
(製剤と粒子設計部会部会長、岐阜薬大)
10:05-10:50 【解説講演1】 座長 湯浅宏
「病院薬剤師と製剤技術の進歩 -岐阜大学病院の場合-」
○北市清幸(岐阜薬科大学薬物動態学研究室)
安田浩二(岐阜大学医学部附属病院薬剤部)
10:50-11:35 【解説講演2】 座長 砂田久一
直打用乳糖の有用性について −直打及び湿式造粒に用いた打錠における有用性−
加藤保富(科研製薬)
11:35-12:35
【立会実験報告】
座長 石川達也 (武田薬品工業)・長門琢也(パウレック)
滑沢剤混合工程のスケールアップに関する今回の実験の概要      谷野忠嗣 (塩野義製薬)
実験報告
1.有効カスケード移動距離に基づく混合工程におけるスケールアップ実験
〜デザインスペースの構築を目指して〜     松井裕司(エーザイ)
2.混合末の物性・錠剤物性                    星野貴史(信越化学工業)
3.加振式移送距離による滑沢度評価                村上貴之(大日本住友製薬)
12:35-13:00 パネルショートプレゼンテーション
座長 伊藤有一(信越化学工業)
13:00-14:20 昼食・パネル
14:20-15:20 【実験報告(続き)】
座長 山下計成(アステラス製薬)
4. 圧力伝達率による滑沢度の評価                    浅井直親(ダルトン)
5. 実用内部摩擦角による滑沢度評価         ○中村承平、坂本宜俊、湯淺宏(松山大学)
6. NIR及びラマンイメージングによるMg-Stと他成分粒子の混合・分散状態評価 
 寺下敬次郎(大阪ライフサイエンスラボ)
15:20-15:40 コーヒーブレイク・パネル
15:40-16:50 【関連研究報告】 座長 谷野忠嗣
7.統計解析     則岡正(アステラス製薬)
8.DataNESIAを用いた解析     武田泰浩(キッセイ薬品工業)
9.総合討論
閉会の挨拶 湯浅宏
17:00〜19:00 懇親会 じゅうろくプラザ1F ラ・ローゼ・プロヴァンスにて
戻る